節税対策効果もある一棟売りアパートの資産運用方法

部屋

持ち家を賃貸するサービス

持ち家を貸し出す方法にリロケーションと呼ばれるサービスがありますが、契約方式には2種類が存在します。一般的な不動産投資で利用する際には転貸借方式と呼ばれるものが採用され、入居者との間に管理会社が入り、諸々の手続きを任せられます。滞納保証サービスも付加でき、空室のリスクも回避することが可能です。

婦人

単身マンションは便利

大阪で人気の収益物件は、単身者向けのマンションです。単身者が多いのも理由のひとつですが、小さなマンションであれば比較的購入費用が安いこともあり初心者でも不動産投資が始めやすいことが魅力となっているのです。

所得税の軽減に最適

マンション

減価償却費の活用

不動産投資によって所得税を軽減したいと考えたら、一棟売りアパートを活用するのが最適です。不動産投資にかかる必要経費は他の所得との損益通算が可能であり、不動産投資による利益をマイナスにすることで課税所得を大幅に減らすことができます。一棟売りアパートの大半は築年数が何十年にもなっている点に着目すると資産を減らすことなく損益通算による所得税の軽減ができるでしょう。古くから建てられている一棟売りアパートは耐用年数が過ぎている部分が多いのが特徴であり、最短で四年間で減価償却を行うことができるようになっています。アパート本体だけでなく設備についても減価償却費を損益通算できるため、全体としてみると大きな金額を所得から引き去ることが可能です。所得の大きさに応じて適切な期間を使って減価償却を行えば数年間は大きく所得税を減らせるでしょう。その期間もアパート経営をすることで家賃収入を得ることができるため、ローンを組んで一棟売りアパートを購入した場合でも返済に困ることはあまりありません。減価償却を終えるタイミングで返済を終えられるようにしておけば売却してしまって次のアパートを購入し、また減価償却を行っていくこともできるでしょう。アパートを売らなくても新しいものを購入できる資産があるという場合には減価償却費がなくなった時点で新たにアパートを購入することを繰り返していれば効率的に所得税を軽減し続けることも可能です。

お金の受け渡し

特に利用したいサービス

不動産管理会社が行っているサービスで利用したいのが家賃債務保証です。賃貸人が家賃を滞納した時に不動産管理会社が代わりに家賃を支払ってくれるだけではなく督促業務や部屋の明け渡し交渉もしてくれます。また家賃債務保証サービスを利用すれば連帯保証人がいなくても部屋を貸せるようになります。