節税対策効果もある一棟売りアパートの資産運用方法

持ち家を賃貸するサービス

部屋

転貸借方式によるメリット

転勤や海外赴任などで持ち家を貸し出す方法に、リロケーションと呼ばれる留守宅管理サービスがあります。リロケーションには2種類の契約方式があり、通常の場合は不動産オーナーと入居者との間に契約される代理委託方式になるのですが、一般的な不動産投資をする場合にはまた違った契約方式を採用することになります。もうひとつの契約方式は転貸借方式と呼ばれるもので、契約自体が不動産オーナーと管理会社との間に結ばれるものです。その後に管理会社と入居者との間に賃貸借契約を結ぶので、通常とは異なった管理方式となります。リロケーションにおける転貸借方式は、不動産オーナーと入居者との間に管理会社が入るかどうかという違いであり、入居者自身に何かを要求するものではありません。しかし、不動産オーナーにとっては少し意味合いが違い、住宅の貸主が管理会社ということになるため、たとえば入居者が家賃滞納をすると、不動産オーナーに確認することなく内容証明を送ったり、追い出すといったことを行う権利を持つようになります。これはリロケーションという名称で隠れていますが、単純に管理会社を間に挟むことで、持ち家の様々な手間や管理を委託する方式ということになります。これにより、不動産オーナーは持ち家の煩わしい問題から解放され、トラブルが起こっていないかなどの心配をする必要がなくなります。また、管理会社が当事者になるというメリットのもと滞納保証のサービスを付加することができるので、空室によるリスクを回避することも可能になります。